【工事レポート】能見台駅前環境管理委託 2017/0915

こんにちは。
京急線の能見台駅前の花壇でグランドカバープランツの植栽を行いましたのでご報告します。

弊社では、春先に横浜市で開催された都市緑化よこはまフェアと合わせて能見台駅前の花壇の整備を行いました。
雑草が生え、荒れた状態になってしまっていたものを、春に花が咲く花を中心に、多種多様な苗を植えて整備しました。

作業中はきれいになって嬉しいというお声をたくさんいただきました。
こちらも見ていただけてうれしい限りです。ありがとうございます。

そして、先日秋、冬に向けてグランドカバープランツの植栽を行いました。
グランドカバープランツとは、地面を覆って広がっていく草丈の低い植物のことをいいます。
今回は毎年花を咲かせる多年草で、日陰でも育つようなものを選びました。
主な植えた植物
・アジュガ
葉が紫色で、小さな紫の花を咲かせます。
・ヒューケラ
葉色が豊富で同じ種類とは思えないほどの豊かさがあります。
ボリュームもあるので、花が咲いているような華やかさがでます。
・フッキソウ
1年中つややかな緑色の葉を広げ、ほとんど手入れが要りません。
駅前で人通りが多いので冬でも華やかに明るい花壇になってくれるといいなと思います。