【工事レポート】災害時下水直結式仮設トイレ用下水道管整備工事(その163)  2019/04/12

工期:平成31年6月11日~平成31年3月29日

 港北区の小机小学校の敷地内に、災害時に使用できる仮設トイレ用の下水道管を設置する工事を行いました。
近年、防災拠点となる場所の近くの道路や小学校等の敷地内で同様の工事が行われることが多くなっています。
弊社は昨年度金沢区の六浦小学校での施工に続き2件目です。

今回は、推進工事の箇所があったため、前回よりも規模の大きいものでした。

学校内に災害トイレ用のマンホールや下水道管を設置して、学校前の道路に埋設されている下水道幹線へ推進工法で繋げました。

推進工法は下水道管を埋めるのに、地上から構造物を壊して掘り進めるのではなく、地中にトンネル状に穴を掘ってそこに管を入れる工法です。今回は、推進工法で学校外へ管をつなげることにより、学校の施設や擁壁を壊すことなく、進められました。

また、今回は、屋上のプールから水を送って使用するタイプでしたので、必要になるポンプやホース類も一式納入しました。