【SDGs】海洋プラスチックを使用した名入れボールペンを作成しました

このボールペンは、株式会社パイロットコーポレーションが販売するもので、ボディの一部に日本国内で回収された海洋プラスチックごみからリサイクルされた、再生樹脂を使用しています。

その他のパーツにもリサイクル材を使用することにより、消耗部分を除いた全プラスチック重量中の74%に再生材を使用したエコロジー商品です。(エコマーク認定商品・グリーン購入法適合商品)

 

今回、こちらの考えに賛同し、名入れボールペンを作成しました。

SDGsの目標12「つくる責任、つかう責任」や目標14「海の豊かさを守ろう」の達成を支援できると考えております。

そして、SDGsについて身近に感じてもらえるようにクリップ部分がSDGsのカラーホイールになっています。

 

 

海洋プラスチック(オーシャンプラスチック)とは...

陸や川に捨てられ、最終的に海へ流れ込んでしまったペットボトルや包装容器等のプラスチックごみです。

毎年800~1200万トンのプラスチックが陸地から海へ放出されており、このままでは2050年までに魚よりもプラスチックの量が多くなると言われ、世界的な問題となっています。(㈱パイロットコーポレーションプレスリリースより)