春峰園 × SDGs

 

ー SHUNPOEN CO.,LTD. × SDGs -

 


SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

「 Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)」の略称であり、 2015 年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」に記載された 2030 年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17 のゴール・ 169 のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない( leave no one behind )」ことを誓っています。

春峰園 × SDGs 取組

春峰園は、"おおきな木ちいさな木 住みよいまちづくり"をキャッチフレーズにし、地域を愛し愛される緑豊かなまちづくりを目指すなかで、SDGsの達成に貢献できる部分は大きいと認識しています。
自然との調和を大切にしながら、より豊かな未来を築くこと。それは私たち、社会共通の願いです。春峰園は、次の世代へと受け継がれていく新しい価値の創造を大切に、経済、社会、環境分野における目標を定め、持続的に取り組んでいます。

社会【健康と福祉への貢献、資格取得に向けた講習費、受験費を全額助成 】

・社員や地域住民だれでも自由に利用できる「ふれあいジム」を会社敷地内に開設。

・エコキャップ回収BOXを設置。年間約2500個のキャップをリサイクル。 ゴミとして焼却した場合、累計CO2発生

    量193.9㎏削減。(令和4年現在)

 選別等の回収作業において福祉施設への雇用創出に貢献。

・男女平等に社員の資格取得費用を助成。 “個人のレベルアップが働きがい”

 “会社の経済成長”そして“社会全体の経済成長”へつながる。

経済【自然エネルギーの活用&ISO認証&災害時の緊急対応】

・本社事務所で再エネ100%の電気を使用。横浜市が東北の市町村と結ぶ「再生可能エネルギーに関する連携協定」に基づ

 く取組に参加し、秋田県八峰町の峰浜(みねはま)風力発電所で発電された再エネ100%の電気を使用。

・本社事務所に風力発電と太陽光発電を導入。蓄電した電気を現場用機械の充電や作業員のファン付きベストの充電などに

 使用。

・ISO9001の認証で品質保証

・土砂崩れ、除雪、倒木処理、道路陥没復旧などの災害時の緊急対応を実施。

 横浜市と協定し、自社保有の建設機械と人員を予め登録。

 緊急要請時に迅速に対応できる体制を常に整えている。

 事前災害時の素早い対応で、すべての地域住民が安心して暮らせるまちづくりに貢献。

環境【みどりアップ&環境対策】

・本社事務所に雨水タンクを設置。現場作業や機械洗浄等で使用する水に雨水を活用。

・名入れボールペンに海洋プラスチックを使用した製品を採用。再生材を使用したエコロジー商品の考えに賛同するととも

 に、社員や取引先にSDGsの意識をPR。

・金沢区内の小中学校や地区センターへ、アサガオ等の花苗の無料配布。緑のカーテンでCO2削減を推進。

横浜市SDGs認証制度"Y-SDGs"について

かながわSDGsパートナーについて


最新のSDGsの取組についてはブログ紹介しています!